広葉樹・ヨーロッパ産 / アフリカ産 / 南米産 – 角材

ヨーロッパ産・アフリカ産・南米産

ブビンガ 角材(一番重い木・硬い木)アフリカ産

ブビンガの角材は、自社製材の端材から製造。アフリカ産ブビンガは、最も硬く重い木材。加工は困難ですが、仕上げると他の木材では味わえない、高級な印象に仕上がります。その魅力的な色合いのファンも多く、人気の木材です。

詳しくはこちら

ヨーロッパビーチ 角材(ヨーロピアンビーチ)猫足の材料

ヨーロピアンビーチの角材は、猫足家具の脚の製作材料に使われます。アンティークな洋風家具の製作に重宝されています。木肌が緻密で、塗装仕上げや艶出しも美しく仕上がります。粘りもあり、曲げ木加工にも適しています。

詳しくはこちら

コソ(紅紫檀)角材 - 笛・唐木・印鑑の材料 - ローズウッド - アフリカ産

紅紫檀(コソ)の角材は、印鑑や尺八・笛の製作材料に使われます。唐木の一種で、個性豊かな模様と色をしている、アフリカ産の珍しい希少樹種です。小刀やナイフの持ち手など、装飾パーツにも好んで使われます。

詳しくはこちら

チーク角材(ブラジルチーク)

ブラジル産の植林されたチーク材です。タイ・ミャンマーと同じ種子から生まれたにも関わらず気候風土・土壌が違っていたら少し違うチーク材です。欠点は
色が違う・少し油分が少ない・木が細いです。長所はチークには間違いない・形状安定性はある・価格が安いことです。

詳しくはこちら