コソ(紅紫檀) 角材

コソ(紅紫檀)材の特徴と説明

紅紫檀(コソ)の角材は、印鑑や尺八・笛の製作材料に使われます。
唐木の一種で、個性豊かな模様と色をしている、アフリカ産の珍しい希少樹種です。
小刀やナイフの持ち手など、装飾パーツにも好んで使われます。

コソ(紅紫檀)角材の販売

KOK-1~KOK-30 SOLD OUT

コソ 角材 KOK-31

長さ 厚み 価格(税込)
350~300 45 45 3,275円

備考
約3kg、ラフ材、4本セット(350:2本・300:2本)

KOK-32~KOK-41 SOLD OUT

コソ 角材 KOK-42

長さ 厚み 価格(税込)
400~350 34 34 1,935円

備考
約2kg、ラフ材、4本セット(400:3本・350:1本)

KOK-43 SOLD OUT

コソ 角材 KOK-44

長さ 厚み 価格(税込)
300~300 34 34 1,498円

備考
約2kg、ラフ材、4本セット(300:4本)

コソ 角材 KOK-45

長さ 厚み 価格(税込)
300~250 34 34 1,436円

備考
約2kg、ラフ材、4本セット(300:3本・250:1本)


平板・一枚板・巾広板・板物の一覧
角材・角物の一覧
樹種別の一覧