コソ(紅紫檀)

コソ(紅紫檀)の特徴と説明

紅紫檀(コソ)はアフリカ産のマメ科の広葉樹です。
英名でボヘミアンローズウッドと言い唐木の一種で、仏壇や印鑑など装飾的な用途に好んで使われています。
尺八や笛の材料としても人気があります。
アフリカ材らしい独特の模様が個性的で、色や模様に個体差があります。

コソ(紅紫檀)材 一枚板・天板の販売

KOB-1~KOB-4 SOLD OUT

コソ 一枚板 KOB-5

長さ(mm) 厚み(mm) 巾(mm) 価格(税込)
850 42 150 SOLDOUT

備考
約6kg、板目、ラフ板

コソ 一枚板 KOB-6

長さ(mm) 厚み(mm) 巾(mm) 価格(税込)
500 36 110 3,742円

備考
約2kg、柾目、ラフ板

コソ 一枚板 KOB-7

長さ(mm) 厚み(mm) 巾(mm) 価格(税込)
450 35 150 4,465円

備考
約2kg、柾目、ラフ板

KOB-8 SOLD OUT

コソ 一枚板 KOB-9

長さ(mm) 厚み(mm) 巾(mm) 価格(税込)
650 35 120 4,246円

備考
約3kg、板目、ラフ板

KOB-10 SOLD OUT

コソ 一枚板 KOB-11

長さ(mm) 厚み(mm) 巾(mm) 価格(税込)
550 35 160 5,389円

備考
約3kg、板目、ラフ板

KOB-12 SOLD OUT

コソ 一枚板 KOB-13

長さ(mm) 厚み(mm) 巾(mm) 価格(税込)
450 36 120 3,023円

備考
約2kg、板目、ラフ板