レッドオーク 無垢一枚板 – 柾目・薄板・天板(カウンター テーブル)巾広材

レッドオーク材の特徴と説明

弊社は直接アメリカへ出向き検品したレッドオークを、コンテナ単位で直輸入している製材所です。
製造者からダイレクトに販売することにより、高品質材をお値打ち価格での販売が可能です。

レッドオークはアメリカ東部が原産の、ブナ科コナラ属の広葉樹です。
アメリカ広葉樹の中で一番蓄積量が多く、ホワイトオークのようにウイスキー樽には使えないので価格も安価です。
肌は粗めで適度な硬さがあり、ホワイトオークよりも加工しやすい材。
特にスチーム曲げ加工(蒸し曲げ)に適しています。
ホワイトオークよりも液体を吸収しやすい性質があり、塗料の吸収が良く美しく仕上がるので、塗装する家具には最適です。
ホワイトオークに比べて少し赤っぽい色が入っていますが、白っぽいレッドオークなどもあり固体によっても色にバラツキがあります。

掲載しているレッドオークの一枚板は、大阪の自社工場で製材した国内挽きですので、耳付き板や柾目板もあります。節やワレなど、レッドオーク材の個性は個別に表記して撮影していますので、画像を参考にしてください。

弊社は製材所ですので塗装まではできませんが、2面プレナ加工などのご相談は承ります。

レッドオーク材 柾目・薄板の販売

ただいま準備中です