キハダ 角材(黄肌・黄蘗・カラフトキハダ) 国産・北海道・道産材

キハダ材の特徴と説明

キハダの角材は、旭川で仕入れた原木を製材し自社で製品化した角材です。 樹皮の内側が黄色いので、黄肌と呼ばれています。 木目が美しくいので、家具の材料として人気。 着色して桑材の代用品として使われることもあります。

キハダ 角材の販売

新発売

キハダ 角材 黄肌 KHK-1

長さ 厚み 価格(税込)
1600 120 120 SOLDOUT

備考 実寸長2000有り

キハダ 角材 黄肌 KHK-1

 

 

 

キハダ 角材 黄肌 KHK-2

長さ 厚み 価格(税込)
1600 105 105 SOLDOUT

備考 実寸長2000有り、真中節1個、長さ800・2個とれる

キハダ 角材 黄肌 KHK-2

 

 

 

キハダ 角材セット KHK-3

長さ 厚み 価格(税込)
500 45 45 3,720円

備考 7本入り、500:7本、人工乾燥材、3kg

 

キハダ 角材  正面 キハダ 角材   反対面 キハダ 角材   参考

平板・一枚板・巾広板・板物の一覧
角材・角物の一覧
樹種別の一覧