メジロカバ 薄板 プレナ仕上げ

メジロカバ薄板の特徴と説明

樺・ウダイカンバの仲間で、白身の多い個体をメジロカバと呼んでいます。
メジロカンバは白身の多い方が良材とされていて、価格は赤身材のマカバよりも安いです。
北海道で仕入れた目白樺の原木を自社で製材し、採れた薄板の端材を綺麗に仕上げて販売しています。

メジロカバ材 プレナ仕上げの販売

1 SOLD OUT

メジロカバ材 プレナ仕上げ MJSP-2

長さ(mm) 厚み(mm) 巾(mm) 価格(税込)
380 16 175 747円

備考
柾目、シラタ:90%


メジロカバ材 プレナ仕上げ MJSP-2