木曽檜(ヒノキ・ひのき)- 天然物と人工植林材

服部商店のヒノキ材

木曽ヒノキ(檜・桧)には人工植林材と、自然生態の中で生まれ育った天然物の2種類があります。
自然生態の中で育った天然の木曽檜は天然物と呼ばれて、木目のきめが細かく香りの強いのが特徴です。
高価ですが値打ちのある彫刻材として大変人気があります。
人工植林して育てた木曽ヒノキを人工物と言い、天然ものより安価で販売されています。

少し安い、木曽以外の岐阜県産の天然ヒノキもありますので比較してみてください。