メジロカバ(目白樺)とても美しい白の無垢材

服部商店のメジロカバ

目白樺は北海道旭川の銘木市で丸太を仕入れて自社で製材し製品化しています。
樺の中で心材率の高い個体を「真樺」、辺材率の高い個体を「目白樺」と呼んで区別しています(白身率が多くて赤身の極少ない材をメジロカバと呼んで区別しています)。
マカバよりメジロカバの方が知名度が低いせいか価格も安価になっています。
目白樺は真樺のように有名ではありませんが、とても上品で美しい白身の無垢材で、国産材の割には安価なので一目惚れして買うお客様も多いです。