ブラックチェリー(柾目・板目・端材・褐色・角材)経年変化で高級感

服部商店のブラックチェリー

ブラックチェリー材は平板で輸入された現地挽きと、丸太を輸入して日本国内で製材した国内挽きの2種類あります。輸入材では入手できない、製材所ならではの柾目の平板や柾目の薄板・そして角材や丸棒まであり好評をいただいております。
ブラックチェリーは、加工直後は色が白くなり空気に触れることで飴色から深い褐色に経年変化し、その高級感がある色が魅力です。
ガムと呼ばれる樹脂痕(黒い斑点や筋模様)が入りますが、欠点ではなくチェリー特有の個性です。